トップ >> 排水処理装置の仕組みとは

排水処理装置による環境保全

排水処理装置とは、一般家庭の生活雑排水、工場排水など、一度使用して汚れた水をきれいにするものです。汚れた水をきれいにすることは、後へ繋がる河川への汚濁負荷を軽減することになり、住環境の保全に役立っています。通常、河川には自浄作用があり、一定量の汚濁物なら河川の流れで浄化します。問題は一定量を超えた分で、浄化できない分は環境の破壊に繋がります。排水処理装置の導入は現代社会において欠かせないものになっています。

緊急事態の場合の情報