トップ >> 交通事故はすぐ弁護士

交通事故の示談金は弁護士に相談

交通事故に遭ってしまい怪我を負ってしまった場合は、被害者は損害賠償金を加害者か加害者が加入している自動車保険会社に請求する事ができます。しかし加害者が加入している自動車保険会社が提示してくる示談金は、自賠責保険の基準とほとんど変わらない、その自動車保険会社の基準で提示しています。加害者が加入している自動車保険会社が提示する示談金の金額に納得できない場合は弁護士に相談して、裁判所の基準で計算した損害賠償金を請求します。

不当解雇で頼るべき弁護士

もし解雇をされるとすれば、正当な理由がなければいけません。そうでない不当解雇であれば、解雇の権利が濫用されたとして、会社に慰謝料の請求をしたり、解雇の取り消しを訴える事ができます。そのためにも、交渉をして、不当解雇であることを、相手に認めさせる必要があります。その交渉は素人では難しいですし、裁判に持ち込まれることを考えると、専門家である弁護士の力を借りることが一番です。それに、相手が違法なことをしていると自覚している場合、弁護士が介入するだけで、和解を提案してくることもあります。

緊急事態の場合の情報